7月13日(月)、北村誠吾地方創生担当大臣が富山県を訪れ、SDGs未来都市に選ばれている県や南砺市、富山市の取り組みを視察しました。

南砺市内では、地域資源を生かした持続可能な循環型社会の構築を目指す「エコビレッジ構想」の情報発信拠点として整備されたゲストハウス「合掌かずら」と、間伐材などを木質ペレットに加工する南砺森林資源利用協同組合ペレット工場を訪れ、市職員からエコビレッジ構想などについて説明を受けました。

城端地域上原地内の木質ペレット工場で北村大臣は、搬入された木材が粉砕、乾燥の工程を経てペレットへ成型される工程を、時折質問などもされながら熱心に見学。10㎏入りの袋詰めで販売されている木質ペレットを、小分けにすれば女性などでも扱いやすくなり、もっと普及するのでは、とアドバイスをされていました。

 

©ECOTOすべての権利を保有。

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

or

Create Account