南砺市と包括連携協定を締結している富山国際大学では、現代社会学部1年生の必修科目として「地域づくり実習」を実施されています。この授業は、地域のさまざまな組織へのヒアリングや地元の方との討論などを通して問題を発見して明確化し、その問題を解決するための手段や対策について、グループワークを通して実践していくものです。

 令和2年度は、国からSDGs未来都市に選定され、SDGsの推進に取り組む南砺市が実習地域となりました。現代社会学部の1年次在学生114名が24グループに分かれ7月から活動を開始し、グループワークや9月中旬に開催したフィールドワークを実施して提案内容を検討してきました。
そしてこのたび、提案内容がまとまったことから、学生目線で考えたアイデアを発表する報告会を開催します。一般聴講いただけますので、学生の想いがつまった発表を聞きに、ぜひお越しください。

■日時
令和2年11月1日(日)13時00分から17時20分まで

■場所
南砺市地域包括ケアセンター 多目的研修室(南砺市北川166-1)

■主なスケジュール
13時00分 開会および開会挨拶(富山国際大学現代社会学部学部長・尾畑納子)
13時10分 第1部発表 8グループ
14時25分 第2部発表 8グループ
15時40分 第3部発表 8グループ
16時55分 審査結果発表(表彰:南砺市長、富山国際大学学長)
17時00分 南砺市長講評
17時10分 閉会挨拶(富山国際大学学長・高木利久)、集合写真撮影
17時20分 閉会
スケジュールの詳細は、下記関連資料の「報告会ちらし」をご覧ください

■主催・共催
主催 富山国際大学現代社会学部
共催 南砺市

■その他
・聴講の際には、マスクの着用にご協力をお願いします
・会場入口でのアルコール消毒にご協力をお願いします
・発熱等(37.5度以上)風邪症状のある方は参加できません
・なんとポイント対象事業です

©ECOTOすべての権利を保有。

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

or

Create Account