SDGsの概要

2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals)は、日本語にすると「持続可能な開発目標」という意味になります。この目標は、2030年までに達成すべき世界共通の目標であり、貧困、福祉、教育、人権、環境など、様々な分野の目標が17個定められております。「世界の話で自分には関係ない」と他人ごとのように思われがちですが、17個の目標は直接的または間接的に我々の暮らしと密接に関係しています。

南砺市とSDGs

南砺市では、エコビレッジ構想に基づき再生可能エネルギーの導入や南砺幸せ未来基金を設立するなど、従来から持続可能なまちづくりに取り組んでいました。これらの取組が評価され、令和元年7月に国(内閣府)よりSDGs未来都市に選定されました。これを機に、既存のエコビレッジ構想をさらに深化させるとともに、SDGsの理念も取り入れながら経済・社会・環境の3側面の調和がとれた持続可能なまちづくりを強力に推進していきます。

SDGsの達成に向けて

SDGsは2030年までに達成すべき目標です。南砺市では南砺市SDGs未来都市計画を策定し、SDGsの達成に向けて効果的かつ着実に取組を推進していきます。また、SDGsの推進と、これまで推進してきたエコビレッジ構想をさらに深化させる取組を両輪で進め、「世界に誇る一流の田舎」の実現を目指します。

南砺市SDGs未来都市計画(令和元年8月策定)

https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/open_imgs/info/0000068774.pdf

南砺市SDGs未来都市推進実施計画(令和2年6月策定)

https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/open_imgs/info/0000071989.pdf

南砺市が進めるSDGsの取組情報

©ECOTOすべての権利を保有。

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

or

Create Account